業者にお任せで庭を綺麗にキープ|草取りはプロに依頼しよう

  1. ホーム
  2. 日本生まれの花の育て方

日本生まれの花の育て方

あじさい

世界中には数え切れないほどの花が存在しています。原産国によって花の特徴は異なりますし、特定の地域でしか育たない品種もあるため、ガーデニングに挑戦する前に育てやすい植物を知っておくと安心です。日本原産のアジサイは、梅雨の代名詞とも言える花として知られています。1本の茎に多くの花が咲き、とても美しい姿をしているアジサイですが、時には道端でその姿を見かけることもあるでしょう。生命力が強く、初めてガーデニングに挑戦する人にも最適な植物です。育て方が分からないのであれば、初心者向けの情報サイトなどを活用してみることも悪くありません。アジサイは水やりをこまめに行なう必要があります。土が乾燥するとすぐに枯れてしまうので、適切な育て方を知っておくことが重要です。

アジサイの育て方は他の花に比べると簡単だと言えます。しかし地域によって夏と冬の気温差が激しく、手入れが難しくなることもあります。春から秋にかけて手入れをする場合、土にたっぷり水分が染み渡るまで水やりを行なうことが大切ですが、冬は水の冷たさでアジサイの花が枯れてしまうことも考えられるでしょう。11月から2月頃は水やりの量を少々減らし、乾燥を避けるために鉢植えの場所を移動するなどの対策を行なっておくと安心です。害虫による被害にも注意する必要がありますが、風通しの良い場所などに鉢植えがあれば虫が寄ってくる可能性が低くなるので、事前にアジサイの正しい育て方について確認しておくことが大切です。慣れてくれば自分自身で交配を行ない、好きな色のアジサイを育てられるようになります。